2014ニュースリリースニュースリリース

プレスリリース

2015年7月29日

「STOP!特殊詐欺被害」防犯少年団と共に名古屋共立病院で啓発活動


名古屋共立病院と愛知県中川警察署が協力し、8月5日(水)に振り込め詐欺を始めとした特殊詐欺被害防止キャンペーンを行います。
外来患者の皆様に対し、制服を着た警察官が学区の中島小学校に委嘱した防犯少年団(コノハキッズ)と共に、防犯チラシを配布しながら特殊詐欺被害防止のポイントや対抗策、特殊詐欺の現状等注意喚起を行います。


■背景

「特殊詐欺」とは、面識のない不特定の者に対し、電話等を用いて、預貯金口座への振込みやその他の方法により、現金等を騙し取る詐欺を指します。中でも、振り込め詐欺には「オレオレ詐欺」、「架空請求詐欺」等があり年々手口が凶悪化しております。名古屋市ホームページによると、平成26年の振り込め詐欺による被害件数は597件、被害総額は26億2,496万円(前年比約16億8,122万円の増加)と被害件数、被害総額ともに大幅に増加しています。1件あたりの被害額については、約440万円と統計を取り始めた平成18年以降最も高額となっています。
また、高齢化社会を迎え、病院を受診する患者も高齢化しております。こういった背景からも特殊詐欺に対し、確かな知識を身に付けることが必要であり、今回のイベントが開催されることになりました。

 

■イベント概要


・日 時 8月5日(水)午前10:00~(概ね30分程度)

・場 所 名古屋共立病院外来棟 1階

・内 容 特殊詐欺被害防止の啓発活動

 


■学区の防犯リーダー防犯少年団(コノハキッズ)が啓発活動に参加

 

愛知県中川警察署生活安全課より協力要請を受け、地域住民の健康と安全を支える病院の役割として、詐欺に狙われやすい高齢者の方や独居の方、認知症の方等が特殊詐欺に騙されないよう、詐欺被害防止の啓発活動を実施します。中川警察署が学区の中島小学校に委嘱した防犯少年団(コノハキッズ)が警察署員と共に、名古屋共立病院の外来棟にて外来患者の皆様や患者のご家族に対し、防犯チラシを配布しながら、特殊詐欺に対する注意喚起を行います。
詐欺被害を防ぐには子供から高齢者まで社会全体で被害防止の機運を高めていくことが重要で、幼いころから地域の安全や防犯対策に触れることで防犯リーダーの育成にも貢献いたします。

 

※防犯少年団「コノハキッズ」

URL(https://www.pref.aichi.jp/police/anzen/shijo/konohakids.html


ページTOP
人工炭酸泉
メディカルツーリズム-外国人向け健診サービス
偕行会グループイベント情報
名古屋市北部認定調査センター
偕行会グループfacebookページ