2016ニュースリリースニュースリリース

プレスリリース

2016年8月31日

海外の方々に日本の高品質な医療サービスを提供!
メディカルサポート強化のために国際医療部新設!

   訪日外国人数が過去最高数を記録し、世界的な潮流としても海外から患者を呼び込む「メディカルツーリズム」が過熱しています。国策としても、愛知県策としても医療の国際化を推進する今、医療法人偕行会では、独自で持つノウハウや医療技術、医療環境、医療機器を駆使し、海外の方にさらに高品質な医療サービスを提供するため「国際医療部」を新設しました。


2016年7月「国際医療部」を新設


   国際医療部は、部長をはじめとする日本人スタッフ3名と中国人スタッフ2名で構成されています。2名の中国人スタッフは、日本語・中国語が堪能であり内1人は中国での医師免許を持っています。
   医療ツーリズムで最も重要なのが、医師や看護師と患者様のコミュニケーションです。特に、医療においてはインフォームド・コンセントが不十分の場合、トラブルに発展する事も想定されます。当法人では、医療知識のあるスタッフが通訳として対応いたします。


■メディカルツーリズムの企画


   日本の高品質な医療サービスを海外の方々に提供するため、偕行会グループのノウハウ及びネットワークを活用してメディカルツーリズム事業を展開しています。

《健診・予防医療》
   愛知県がんセンターに隣接する、東名古屋画像診断クリニックにてランク分けしたパッケージプランを用意し、最先端医療機器とハイレベルな読影力で「がん」や「生活習慣病」の早期発見にあたっています。

《急性期医療》
   「高度先端医療を身近に」を合言葉に、名古屋共立病院では、フリーランスの脳神経外科医(2002年から連続してベストドクターズインジャパンに選出)を名誉院長として招へいし、超難度の手術にも対応できるほか、心臓カテーテル治療(PCI)も年間300件以上の件数を対応しており、全国有数の件数を誇っています。

《ダイエットプログラム》
   高精度の機械で測定したデータに基づき、食事と運動療法を中心に2週間の滞在期間中で、生活習慣の改善とダイエットプログラムを実践します。栄養指導も含め、帰国後も継続いただける内容を学んでいただきます。

ページTOP
人工炭酸泉
メディカルツーリズム-外国人向け健診サービス
偕行会グループイベント情報
名古屋市北部認定調査センター
偕行会グループfacebookページ