2016ニュースリリースニュースリリース

プレスリリース

2016年9月29日

名古屋市内初!病院近接で「認知症高齢者グループホーム」が開所
「医療」×「福祉」のシームレスな連携により、医療福祉村が確立

   名古屋市中村区にある、偕行会城西病院の目の前に新たに認知症高齢者グループホーム「グループホームじょうさい」が開所する。医療と福祉の連携により、地域の高齢者に対し、高品質なサービスと安心を提供する。


■名古屋市初!病院近接で認知症高齢者グループホーム開所


   2016年10月1日、名古屋市で初めて病院に近接(名古屋市中村区:医療法人偕行会 偕行会城西病院)で認知症高齢者グループホーム「グループホームじょうさい」が開所します。グループホームとは、認知症状のある高齢者が共同生活を行う場で、「要支援2以上」の方に限り入所可能な施設です。1ユニット9人の少人数でスタッフと共同生活を営みながら、認知症の緩和を促すことを目的としています。
   近接する偕行会城西病院は、同一医療法人が運営する、慢性疾患のある高齢者医療を中心とした療養型の病院です。そのため、普段医師が常駐しないグループホームですが、入居者の健康状態の把握や緊急時の即時対応も可能なため、入居者は安心した生活を続けることが可能です。また、開所時から3ユニットで運営を行うことも名古屋市内で初めての取り組みの他、一般的に受入れが難しい透析患者の入居が可能な点も強みです。


■「医療」×「福祉」連携のモデルケース「医療福祉村」


   偕行会城西病院、グループホームじょうさいがある名古屋市中村区北畑地区は、もともと「旧名古屋市立城西病院」があった土地です。現在、その跡地は「偕行会城西病院」と「グループホームじょうさい」のほかに、他法人が運営する「特別養護老人ホーム」、「介護老人保健施設」の4つに分けられ、高齢者の施設が集まり複合型サービスを提供するエリアとなりました。医療と福祉の高連携により、切れ目のない継続的なサービスの提供が可能な「医療福祉村」として、全国的にも注目されるところです。



■認知症高齢者の現状


   日本における認知症高齢者は、現在462万人。2025年までに700万人に達し、5人に1人が認知症になると言われています。名古屋市でも65歳以上の高齢者が50万人おり、そのうち中村区で3万5000人を抱えている状況です。このような状況の中、隣接する偕行会城西病院では、全職員が認知症サポーターのオレンジリングを持ち認知症に対し、深い理解と正しい知識を有しているほか、法人内には認知症サポーター養成講座を開催できるキャラバンメイトの資格をもった職員も多数おります。

ページTOP
人工炭酸泉
メディカルツーリズム-外国人向け健診サービス
偕行会グループイベント情報
名古屋市北部認定調査センター
偕行会グループfacebookページ