人工炭酸泉偕行会の取り組み

人工炭酸泉による適切な治療で、身体中の血管を生き返らせる
偕行会グループでは人工炭酸泉による治療を推進。炭酸泉治療は血液循環の改善に大きな効果があり、足浴により末梢動脈疾患(PAD)患者の下肢切断率の低下や予後改善、全身浴では慢性心不全の治療に貢献しています。
高濃度炭酸泉
炭酸泉とは、炭酸ガス(二酸化炭素)が溶け込んだお湯のことです。温泉法では、お湯1リットルに炭酸ガスが250ppm溶けたものが炭酸泉と定義されており、その中でも、1000ppm以上溶けたものが高濃度炭酸泉とされています。治療として使用するには高濃度炭酸泉が必要です。
炭酸泉の効果
炭酸泉に入浴すると、細かい気泡が皮膚表面に付き、炭酸ガスが皮膚の毛穴を介して毛細血管に吸収されます。吸収された炭酸ガスは、末梢血管を拡張させ、血流を促進します。
炭酸泉は通常のお湯に比べ、約3倍の血流をもたらします。
冷え症や創傷治癒促進、肩こり等の改善に繋がるだけでなく、心拍数が低下し副交感神経も優位になります。
また、弱酸性のため皮膚が引き締まる(アストリンゼント効果)など美容的側面からも注目が集まっています。
足浴中の血流量
人工炭酸泉による治療の成果

 

末梢動脈疾患(PAD)への治療
末梢動脈疾患(PAD)とは、足の血管の動脈硬化により、狭窄や閉塞を起こし、血液の流れが悪くなり、足先へ栄養や酸素を十分に送り届けることができなくなる病気をさします。主に下肢の大血管が慢性に閉塞することによって、軽い場合には冷感、重症の場合には下肢の壊死にまで至ることがあります。
末梢動脈疾患(PAD)への治療
通常は切断をしなければならない状態でも、炭酸泉の足浴を継続して行うことにより血流が改善し、足を切断しなくても済んだという事例を非常に多く経験しています。

 

慢性心不全への治療

透析患者様にとって非常に重要な合併症の一つである慢性心不全は、全身炭酸泉浴により治療することが可能です。炭酸泉により血管が拡張することで、心臓の負担が大きく減ります。
これを続けて行うことで、心臓自体の機能も回復し、慢性的な心不全症状の改善が期待できます。

心不全入院治療プログラム
名古屋共立病院では、透析患者を対象に全身炭酸泉を取り入れた「心不全入院治療プログラム」を用意。2週間の入院期間で血圧や心機能に大幅な改善が見込めます。
また、心不全以外にも不整脈に対する治療効果をはじめ、あらゆる疾患の改善や予防に大きな効果が期待できます。
※人工炭酸泉の全身浴治療については、偕行会グループ内の透析患者様のみを対象としています。
入浴直前の収縮期血圧
ページTOP
炭酸泉生成装置
医療用炭酸泉装置
偕行会グループでは、人工的に高濃度炭酸泉を作り出す医療用炭酸泉生成装置を用いて炭酸泉治療を行っています。家庭用入浴剤で作成するよりもはるかに高濃度な炭酸泉を作ることが可能で、37℃~ 38℃のぬるま湯に10分~20分程度浸かっていただいています。偕行会グループでは、各透析施設に医療用人工炭酸泉生成装置を完備しています。
医療用炭酸泉装置カーボメディカ、カーボセラミニ
家庭用炭酸泉装置

炭酸泉は炭酸入浴剤の多様化や、ヘアサロンなどの炭酸ヘッドスパ、スーパー銭湯などで体験ができ、身近になっていますが、毎日気軽に利用できるものではないため、炭酸泉の効果は、一時的なものに限定されます。
ご家庭で気軽に炭酸の効能を体験できる家庭用炭酸泉生成装置B-daは、自宅のシャワーホースをB-daに付け替えるだけで、簡単に炭酸シャワーが利用できます。炭酸泉は「毎日」「長期的に」使うことで、そのメリットを享受することが期待できます。


B-daに関するお問い合わせはこちら
(FSK株式会社 http://www.fsk.nagoya/goods/

家庭用炭酸泉装置
ページTOP
書籍のご紹介
血管年齢が若返る「炭酸泉」 偕行会グループ会長 川原弘久 著 血管年齢が若返る「炭酸泉」

(監修:山田哲也、森山善文)
出版社 幻冬舎  価格1,200円(税別)


心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中など日本人の命を脅かす疾患の原因は血管の老化。1日15分の炭酸浴で血管は若返える。


2015年12月1日より全国書店にて順次販売
書籍の内容に関するお問い合わせは、

名古屋共立病院までご連絡ください。(℡052-362-5151)


また、FSK 株式会社(℡052-365-5657)でも販売しております。
ご興味のある方はお問い合わせください。

 

※炭酸泉を治療手段として使用するには、専門家のアドバイスが重要です。名古屋共立病院にてご相談ください。

ページTOP
人工炭酸泉
メディカルツーリズム-外国人向け健診サービス
偕行会グループイベント情報
名古屋市北部認定調査センター
偕行会グループfacebookページ