生活サポート/在宅医療偕行会の取り組み

医療・保健・福祉の連携による在宅ケアで一人ひとりに合わせた生活サポートをめざす
利用者が住み慣れた地域で安心して在宅療養ができるよう、グループ内の老人保健施設や介護施設と居宅介護支援事業所とが連携。偕行会城西病院内に設置された総合相談窓口を中心に、医療、保健、福祉の三方向から総合的に在宅ケアを提供しています。また急性期、回復期、慢性期の各医療機関とも連携を図ることで、予防からターミナルまでを切れ目なくサポート。
在宅医療・生活サポートネットワーク
介護福祉施設 介護福祉施設連携内容 医療施設
ページTOP
老人保健施設
老人保健施設

一人ひとりに合わせたケアで「在宅復帰」をサポート

介護が必要な高齢者が住み慣れた地域で健やかに生活できるよう、リハビリや看護、栄養管理、日常生活の支援・介助などを専門スタッフが総合的に提供。地域での自立支援をサポートしています。


介護付き有料老人ホーム
介護付き有料老人ホーム

個々の生活スタイルを大切に24 時間365 日のトータルケア

要介護状態になり自宅等での生活に不安を感じる利用者と家族向けの施設。日常生活の介助の他、専門スタッフによる介護・看護サービスが充実しています。老人保健施設からの転院も視野に入れ、利用者に心安らぐ場所を提供しています。


グループホーム
グループホーム

認知症高齢者を対象に家庭的な環境の中、介護サービス

要介護者および要支援者で認知症の状態にある高齢者向けの施設。家庭的な環境の中で共同生活を送っています。日常生活における自立支援を目的とした介護サービスが受けられます。


小規模多機能型居宅介護
小規模多機能型居宅介護

『3』つのサービスを組み合わせ、在宅での生活を支援

介護が必要となった高齢者が、住み慣れた家・地域での生活を継続することができるように、利用者の状態や必要に応じて、「通い」を中心に「泊まり」「訪問」の3サービスを組み合わせて提供する在宅介護サービスです。


通所介護
通所介護

デイサービスで生活支援を行い、家族の負担軽減の一端を担う

要支援・要介護者向けの食事や入浴、リハビリなど、日常生活支援を日帰りで提供。本人
の思いを尊重しながら心身機能の維持に努め、家族の負担軽減にも役立っています。急性
期、回復期から在宅復帰したときなどに利用されています。


訪問介護
訪問介護

ホームヘルパーのサポートで住み慣れた地域での生活を維持

居宅介護支援事業所からの紹介やケアプランに基づき、ホームヘルパーや介護福祉士が利用者の居宅を訪問。食事、入浴、排せつといった身体介護や、家事全般の援助を提供します。利用者の家族の支えにもなる、地域密着型のサービスです。


訪問看護
訪問看護

医療機関との連携のもと、高度な在宅医療・看護を提供

利用者の居宅を定期的に訪れ、健康チェックや診療の補助を行うことで、看護面から生活を支援します。グループ内の医療機関との連携により、高度医療、血液透析(HD)、腹膜透析(CAPD)など、様々なニーズにも対応しています。


ページTOP
人工炭酸泉
メディカルツーリズム-外国人向け健診サービス
偕行会グループイベント情報
名古屋市北部認定調査センター
偕行会グループfacebookページ